×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エアカナダマイレージ

エアカナダのマイレージ

エアカナダのマイレージはアエロプランというシステムです。エアカナダのマイレージプログラムアエロプランは、ANA便でもマイルを加算することもできますし、使うこともできます。

 

ANAマイルを貯める方には、ANAアメリカン・エキスプレス・カードが、年会費7000円+税かかりますが、入会+利用などの条件を満たせば、最大12000マイル相当が獲得可能キャンペーン中でおすすめです!

 

 

ネットでよくある格安のツアーなどでも加算率はほとんどが100パーセントですからこれはすごいですよね。カナダ系のエアラインとも提携していますし、バンコクやシンガポール、ベトナムなどへの特典マイル数が低いので便利です。すぐに交換をして出かけることができるのかもしれませんね。

 

マイルの有効期限についてですが、こちらは3年以内にマイル加算、使用があれば3年延長されます。また提携しているホテルやレンタカーフライト以外でもマイル加算も延長の対象となりますので便利です。

 

エアカナダのマイレージアエロプランの会員はANA,アドリア航空、エーゲ航空、中国国際航空、ニュージーランド航空、アシアナ航空、オーストリア航空、アピアンカ航空、ブルーワン航空、ブリュッセル航空、コパ航空、クロアチア航空、エジプト航空、エチオピア航空、ルフトハンザドイツ航空、LOTポーランド航空、シンガポール航空、スイスインターナショナルエアラインズ、タカ航空、TAM航空、TAPポルトガル航空などと提携していますのでこれらを利用でたまります。

エアカナダ 荷物

エアカナダの機内持ち込み手荷物と受託手荷物についてみていきましょう。持ち込み手荷物については最大サイズが23センチかける40センチかける55センチ、キャスターとハンドル部分もサイズに含むので注意しましょう。最大重量は10キロとなっています。そして身の回り品は16かける33かける43センチでこちらも最大で10キロとなっています。手荷物と身の回り品をそれぞれ1個ずつということになります。手荷物・身の回り品はキャリーバック、バックパック、ブリーフケース、ノートパソコンなどです。

 

そして受託手荷物についてですが、こちらはエアカナダエクスプレス便の無料手荷物許容量は搭乗クラスによっても違いますし、目的地や出発日、フリークエントフライヤープログラムの会員資格を持っているかどうかによっても違います。ですからエアーカナダでチケットをとった上で手荷物許容量を表示させるサイトがありますので、そちら二種派土、もう敵地、上級会員ステータス、サービスステータス、幼児の有無を入力した上で検索をしたほうがよさそうです。それぞれのクラスなどによって受託手荷物に関しては違っていますので注意してチェックしておいたほうがいいですね。

エアカナダの成田空港

エアカナダの成田空港の就航についてですが、バンクーバーへ行く際にはバンクーバー国際航空まで成田空港から飛行時間は8時間55分です。そしてカルガリー国際空港へは9時間35分の飛行時間です。カナダのトロントピアソン国際空港は12時間2分の飛行時間となっています。エアカナダが発着している成田航空のターミナルについてですが、第一ターミナル南ウイングです。エアカナダは第一ターミナルの南ウイングにチェックインカウンターがあります。コードシェア便の場合には出発到着ターミナルが違っていることもありますので詳しいことは空港会社で聞くか、空港のウェブサイト、フライト情報などを見たほうがいいかもしれませんね。

 

成田空港の第一ターミナルといえば、エアカナダだけでなくさまざまなスターアライアンスに加盟している虚空会社が利発着しているターミナルです。第一ターミナルへ行く場合にはJR線か京成線で成田空港駅第一ターミナルで下車すればいけるでしょう。バスの場合には、バス、タクシー乗り場は第一ターミナル4F出発ロビー階のバス停に到着することになります。エアカナダはカナダはもちろんですがカナダ経由でアメリカなどへも飛んでいますし成田空港からも多く離発着しています。

エアカナダ 成田

エアカナダは成田から出発便も多く出ていますが、ある日のエアカナダからの成田から出発している便を見てみるとその日は朝から夜まで全部で15便出発していました。エアカナダから経由なしで直行便で香港、福岡、大阪の伊丹、トロント、ロサンゼルス、ホーチミン、バンコクが2便、名古屋、沖縄、大阪、香港、バンコク、札幌バンクーバーといった形で運行しているようでした。
そしてエアカナダが成田に到着するビンについては全部で18便あり、ホーチミンの朝7時25分を皮切りに、大阪からの便、名古屋、札幌、香港、バンコク、トロント、福岡、沖縄、名古屋、札幌、バンコク、福岡、バンコク、ロサンゼルス、バンクーバー、香港といった時間で運行されています。フライトインフォメーションについては成田国際空港のサイトで詳細な位置まで調べることができますのでチェックしておくといいかもしれませんね。エアカナダは共同運航をしていることもあります。経由をしてカナダ経由でアメリカへ出ることもあるのですが、調べたこの日は経由話で運行しているとのことでした。所要時間で一番遠いのが、バンクーバーで一番近いのは大阪の1時間15分とのことですから各地へ飛び立っているのです。

エアカナダのマイル

エアカナダのマイルはアエロプランというサービスです。こちらは獲得マイル数によってエアカナダ、スターアライアンスに加盟している航空会社を利用して特典航空券を申請することができるのが特徴です。特典航空券をコールセンターで申請するという場合には航空券1枚あたり30カナダドルの手数料が必要ですので注意です。クレジットカードで支払うことができますがその際JCBは使えません。そしてマイル利用のアップグレードはありません。エアカナダのマイルサービスを利用するに当たっての入会資格はありませんので誰でも利用できます。マイル加算方法ですが、加算は入会後からとなります。国際線のエコノミークラスの加算率に関しては100パーセントとなっていて、ビジネスクラスJなら150パーセント、そしてCDZは125パーセントの加算率です。ほかの路線、スターアライアンスのそれぞれの会社の加算率はネットで調べておきましょう。

 

事後加算も可能で、搭乗券の本体とイーチケットのコピーを搭乗してから半年以内に穴田に送付します。積算マイルについては口座の動きがあった日から1年間動きがなければマルはすべて消失しますので注意しましょう。ホテルの場合はヒルトン、ウエスティン、ハイアット、ラマダ、シェラトン、マリオットホテルなどと提携してます。

 

なお、エアカナダ以外のマイル、マイレージについて知りたい方は「ユナイテッド航空マイレージプラス解説サイト」や「JALマイルが貯まるカード」を参考にしてみてくださいね。

 

マイレージやマイルは知れば知るほどお得にいろいろ貯められますから、知るだけトク!な知識です!

エアカナダのチェックイン

エアカナダのチェックインではウェブチェックインを使えば待ち時間なしで自分のパソコンからチェックインをして搭乗券を印刷することができるのでとても便利です。もしプリンターがないという場合でも大丈夫です。ウェブチェックインが完了していたら、空港でセルフサービスのチェックインキオスクへ行って、そちらで搭乗券の印刷をすることができます。携帯電話に、直接電子搭乗券を贈ることもできるので、便利です。チェックインの受付時間は利用する便の出発の24時間以内ならいつでもどこでもチェックイン可能です。

 

目的地によっては条件が違いますがカナダ国内線なら、出発の30分前までに、カナダからアメリカの路線は出発の1時間前までに、国際線は1時間前までに、乗り継ぎ便があるなら最後の乗り継ぎ便の出発24時間前にチェックインをしておきましょう。

 

乗り継ぎ便があるときにチェックイン時間がわからない場合は乗り継ぎの最後のフライトの空港現地時間を探すとわかりやすいでしょう。これなら空港でチェックインに並んだり待たされたりすることがありませんのでとてもスムーズにチェックインすることができて便利です。今携帯から利用している人は増えています。

エアカナダのビジネスクラス

エアカナダのビジネスクラスは、エグゼクティブファーストといわれていますが振るフラットになる座席ということでとても評判が高いです。これは2012年の5月から導入されたのですがまるで個室に入っているよう名そんな感覚で快適な空のたびへ出発することができるのです。数多くの賞に輝いている豊富なワインセレクションが出てきますし、機内食のメインディッシュは日本食を含んだ3種類から選ぶことができます。大半の国際線でエグゼクティブファーストスイートが装備されてますので、快適なアームチェアー、そしてレッグレストは全長が191センチ、肩幅が79センチのフルフラットのベッドになりますので、とても快適です。

 

座った矢先からすぐにオレンジジュースやワインなどが出てきますが、メニューも用意されていて、機内食もとっても豪華ですからまるで飛行機に乗っているという感覚はまるでなくて、まるでレストランにいるかのようなそんな雰囲気です。エアカナダのビジネスクラスは航空会社の中でもとても評判が高くて快適に過ごせるといわれていますので1度は乗ってみたいものですね。一度経験するとエコノミークラスはもう乗れない、そんな風に話すカナダ人男性がいました。

エアカナダ マイル ANA

エアカナダのマイルでもANAをためることができます。ANAのマイルをためている人はエアカナダに乗るときにANAではないからといってがっかりしてしまう人もいるかもしれませんが提携している航空会社のひとつであるエアカナダなら、マイルをためることができますよ。運賃別積算比率についてですが、エアカナダのビジネスクラスの予約クラスがJCDZの場合には、区間基本マイレージに対して積算比率は125パーセントです。そしてエコノミークラスのYBにおいては、100パーセント、エコノミークラスのヤリアペックス運賃MUHQVWSの場合には70パーセント、エコノミークラスの割引運賃の場合にはLTKとなり50パーセントの区間基本マイレージに対しての積算比率がかかってきます。

 

ですからエアカナダにのっても、ANAのマイルもためることができますので安心ですね。スターアライアンスに加盟している同じ航空会社ならエアカナダのようにANAのマイルをためることができますのであらかじめしらべておくと便利にマイルをためることができるのでいいかもしれませんね。毎回航空会社が違うという場合でも、色々とマイルを考えず、スターアライアンス提携ならすぐにたまって便利ですから事前に確認しておくといいですね。

エアカナダ 格安航空券

 

エアカナダも格安航空券が出ていますが、エアカナダの格安航空券を探したいと思っている人はインターネットで検索をしてみるといいかもしれませんね。エアカナダの格安航空券を取り扱っている会社としてはたとえばフリーバードというサイトがありますが、こちらのサイトでは24時間365日最短で航空券を出発の2時間前まで予約できるので便利ですし、エアカナダの格安航空券はenaからも予約することができます。こちらも24時間オンラインで業界最安値のチケットを購入することができますし、間際の予約でもあっても安心です。オペレーターによって手配してもらえたりコールセンターもありますので安心です。

 

ほかにもイーツアーでも24時間即時受付をしていますし、マイルなどに交換ができるイーツアーポイントなどもたまりますのでお得です。ほかにも楽天トラベルやスカイゲート、HISなどでもエアカナダの格安航空券は取り扱いがあると思いますので、そちらを利用しても便利かもしれませんね。トラベル・ジェーピーというサイトも格安検索巣をすることができて予約もそのままできるので便利ですからネットを使えば一番安い航空券を比較した上で予約をすることができて便利です。